TWRでは「希望の女性たち」という働きをしております。
https://www.twrwomenofhope.org/
日本では現段階では祈りのカレンダーを日本語化して発行しています。
下記よりご覧いただけます。
世界各国の情報を覚えて心を合わせてお祈りください。

2021年6月 難民のための祈り

紛争や迫害によって居住地を追われて国外に逃れた難民と国内避難民が世界中に大勢います。その中で多くの女性たちが避難を求めながらも、様々な困難と迫害に直面しています。神様だけが望みであり救いであり、隠れ家であり避け所です。精神的に肉体的に傷を追いながら困難に陥っている世界の女性たちのために祈り、彼女たちがイエス様によって救われ、癒されるためのとりなし手と架け橋になりましょう。

6月のお祈りの課題 / Prayer Requests
(クリックすると1ヶ月分の祈りの課題が表示されます。)
以下は、女性たちが迫害を受けている国々で活動している「希望の女性たち」の各国のスタッフから寄せられた祈りの課題です。

1日  難民は新しい受け入れ国で問題の解決策を見つけることを望んでいます。彼らの受け入れ国に住む者としてあなたの愛と恵みと希望を伝える器として用いてください。(詩篇62:8)

2日  現在、スウェーデンに住んでいる難民の中で、母国に帰国すると信仰のゆえに迫害されたり殺されたりするにもかかわらず、スウェーデン政府から国外追放の危機にさらされている新しくクリスチャンになった人たちがいます。彼らがどうか守られますように。(ローマ8:35)

3日 神様がエチオピアの難民を守ってくださいますように。あなただけが虐待されたり暴行を受けた女性たちの心を癒すことができます。(イザヤ41:10)

4日 クリスチャンたちがパラグアイの難民に信仰を分かち合う勇気を与えてください。安全と食糧のある所に彼らをお導きください。(申命記31:6) (この祈祷課題はパラグアイから送られてきましたが、これは難民のための一般的な祈りであり、その国の難民だけを指すものではありません。)

5日 デンマークの難民がクリスチャンの指導者たちによって提供された、聖書的な牧会ケアのプログラム「トラウマの傷の癒し」を受け入れて人生が回復されるようにしてください。(I ペテロ5:7)

6日 母国外に住むアルバニアの難民が、受け入れ国で彼らを愛し彼らの友となり彼らを神様に導いてくれるクリスチャンたちに出会えますように。(ヨハネ13:34~35)

7日 北コーカサスのTWR「希望の女性たち」のチームが出会うすべての難民に、必要な物資および霊的な支援を提供できますように。難民が仕事や家や安全な場所、そしてあなたにある新しいいのちを見つけられますように。(ピリピ2:4)

8日 自然災害のために難民になった何千人ものインドネシアの人たちを慰めてください。彼らはすべてを失って混雑した避難テントに住んでいます。薬と食べ物を提供しあなたの平和を伝えるクリスチャンの奉仕者たちを彼らに送ってくださいますように。(ヨハネ16:33)

9日 ドイツのクリスチャンたちが、国内で新しい環境に順応して暮らしている難民に気を配ることができますように。彼らがこうした移民と友情を築き、イエス様の愛と真理を示すことができますように。(ヨハネ15:13)

10日  中国に逃げても捕らえられて強制送還される北朝鮮の難民をあわれんでください。どうか彼らの命を守り彼らを安全な場所へと導いてください。(詩篇32:7)

11日  神様は心砕かれた人の近くにおられます。世界中のインド人の難民の傷を癒してください。私たちが彼らのために何らかの行動を起こすことができますように。(詩篇34:18)

12日  協力団体であるノレア・メディア・ミッションのアプリ”Good News Media”をお用いください。それによって難民や福音が届いていない地域の人々が、神様ご自身と真理を知るようにしてください。クリスチャンたちがこのアプリを用いて、他の宗教を信じる人たちにも福音を伝えられますように。(ヨハネ14:6)

13日 南アフリカの難民が自分の霊的な必要について考え、彼らが神様を知り、真の助けは創造主であられる神様だけから来ることを理解する知恵をお与えください。(詩篇121:1~2)

14日  フィリピンの政府が、商業開発のためにミンダナオ島の先祖代々から住んでいた土地から追放されたルマド族を公正に支援し、保護することができますように。(箴言31:9)

15日  隣国のエチオピアでの紛争から逃れてスーダンに住んでいる何千人もの難民に、日々の必要な物資と安全が提供されますように。(箴言29:25)

16日 「あなたは尊い」というプログラムをウクライナ語、ベラルーシ語、ロシア語で翻訳する奉仕者たちをポーランドのチームに与え、難民が霊的に癒されるようにしてください。(詩篇23)

17日  ウクライナの難民が紛争地域から移動する時、彼らを守って導いてください。彼らの心に癒しと平安をもたらし、神様が彼らを引き寄せてください。(II テサロニケ3:16)

18日  クメール人の親たちは貧しいために、子供たちを祖父母に任せて家族を養うためにタイに移住して働いています。彼らに力を与えてください。(イザヤ40:31)

19日  神様が隣接するルワンダ、タンザニア、コンゴ民主共和国のキャンプに住むブルンジの難民をあわれんでください。特に大雨で氾濫する梅雨の時期に多くのキャンプが災害から守られますように。(マタイ7:25)

20日 2020年にスペインで亡命を申請した54,065人の難民を導き必要な物資を支給してくださいますように。主は寄留者を守ってみなしごとやもめを支えてくださいます。(詩篇146:9前半)

21日 ポルトガルのクリスチャンたちが、文書作成や言語学習や就職などを手伝って難民がコミュニティーに溶け込むのを手伝うように導いてください。難民が搾取されたり、人種差別や偏見に直面することがありませんように。(ヘブル13:16)

22日 ボネール島とキュラソー島の指導者たちに知恵を与えて、彼らが難民を助け、あわれむようにしてくださいますように。(申命記10:18)

23日 愛する人との別離を悲しみ、新しい言語を学び、食べ物、住居、勉学や仕事のビザ習得に苦労している南アフリカの難民に、クリスチャンたちがキリストの愛と恵みを示すことができますように。(申命記10:19)

24日 フィンランドのクリスチャンたちが移民や難民に協力し支援を提供し、神様の愛を証ししているゆえに感謝いたします。国内の他文化の人々に奉仕するため、時間と持っているものを捧げるように他の人々をも導いてください。移民や難民に庇護(ひご)および居住許可を与える際、政府の機関に知恵を与えてください。(使徒20:35)

25日 ウルグアイの「希望の女性たち」のプログラムが、難民に親切であわれみ深くあるようにとリスナーたちに伝えているゆえに主をほめたたえます。難民に仕事と住居を与えてくださり、虐待する邪悪な人々から守ってくださいますように。(箴言19:23)

26日 韓国が2019年に難民法を制定したことを感謝します。難民に対する偏見がなくなり公正な審査の手続きが制定されることをお祈りします。(マタイ7:1)

27日 私たちはエチオピアや世界中の紛争地域でのあなたの平和を求めてお祈りします。世界の指導者たちを導き、状況を打開し避難民の生活を改善する解決策を模索できるように導いてください。(I ペテロ3:11)

28日 難民の女性たちが、ペルシア語、アラビア語、スウェーデン語で聴けるプログラム「スウェーデンへようこそ」を見つけて、そのメッセージを通して福音を聞くことができますように。(マタイ24:14)

29日 ミンダナオ島のマラウィ市の多くの住民は、2017年に宗教的な過激派との戦闘中に甚大な被害を受けたため避難を余儀なくされました。フィリピン政府が早くマラウィの復興のために行動することができますように。(アモス9:14)

30日 身分証明書と寝る場所と食物の無い状態でフランスに住んでいる多くの難民のために祈ります。フランスのTWRの奉仕者たちが充分に整えられ、難民のために忠実に奉仕し、難民がイエス様にある救いに関心を持つようにしてください。(マタイ5:42)

日本のための祈り  

1. 新型コロナウイルスの感染が拡大しています。神様が一日も早くこの感染を終息させてくださいますように。ワクチンの接種が始まっていますが、副作用などから守られますように。特に感染対策をして礼拝を守っている教会や身近なところでクラスターが起きたりしませんように。

2. 梅雨の時期を迎えますが、大雨による水害やあらゆる自然災害から守られますように。また日本の人たちが自分の罪に気づき、神様を求め、神様に立ち返ることができますように。

3. 教会で一緒に集まることができず、オンラインで礼拝をしている信徒たち一人一人がみことばによって支えられ、信仰が守られますように。牧会者たちが常に神様のみこころを悟ってみことばに固く立ち、霊に燃えて主に仕えていけますように。

4. キリストの体である教会がそれぞれ各器官としての役割を果たし、日本のリバイバルのためにさらに力を尽くしていくことができますように。クリスチャンたちが霊的な戦いに勝利していけますように。

北朝鮮のための祈り        

1.  TWR Korea 北方宣教放送 を聞いている北朝鮮のクリスチャンたちが、一緒に集まることができない中でも、礼拝と賛美、信仰の養育などの多様な番組を通して、神様の真実な聖徒として、また弟子として成長していけますように。 TWR Korea を北朝鮮の教会に霊的な糧を供給する神様の道具として用いてください。

2.  朝鮮戦争(6.25戦争)は、韓国にとって痛みであり今もなおその後遺症が続いています。その地に二度と戦争が起きないように守ってくださり、南北に分かれて暮らしている離散家族を慰めてください。南北がひとつとなる日が早く訪れますように。

20216-Japanese-1

PDF版はこちらから↑
自由に印刷してご利用ください