ミニストリーの内容について

 <最新情報>
オンライン祈り会の情報などを定期的にアップします!

◆希望の女性たち(Women Of Hope) とは?

TWR(Trans World Radio)のミニストリーである希望の女性たち(Women of Hope)は、世代を超えて世界中の女性たちにイエス・キリストにある真の希望をもたらすことを目指しています。

世界の様々な地域に住む女性たちの多くは、貧困、抑圧、暴力、教育の欠如、健康の危機などの問題に直面し、疎外された生活を送っています。

彼女たちに真の平安と望みと癒やしを与えてくださるのは、救い主イエス・キリストだけです。
 
 希望の女性たち(Women Of Hope) ミニストリーは、共に祈ることと、多様なメディアの使用を通して、女性たちに神様のみことば(聖書)を伝え、イエス様の弟子を生み出し、豊かな人生を送ることができるように励ます働きをしています。

祈りのカレンダー

夫婦と家族のための祈り

家族は小さな共同体です。その共同体が社会を構成しています。罪人である人間同士が一緒に暮らしている以上、そこには様々な葛藤や対立が生じ、時に心に傷を負うこともあります。父なる神様は愛のお方です。まず私たちひとり一人が神様に出会い、その愛によって互いに愛し合うなら、神様は私たちのうちにとどまってくださり、私たちも神様のうちにとどまるのです。(Ⅰヨハネ4:11~16) 全ての家庭が神様の愛によって回復するよう共に祈りましょう。

お祈りの課題 / Prayer Requests 

1日 現在施行中のオンライン教育は、親と子供たちに大きな負担となっています。家族との良い関係を維持しつつ子供たちを教育していくために、神様からの恵み、忍耐力、サポートを各家族にお与えください。(Ⅱコリント12:9)

2日 夫から捨てられるルーマニア人の女性たちが多くいます。彼女たちに、神様への信仰と希望、知恵、育児における忍耐力、必要な生活費、周囲の教会や信徒たちからの支援をお与えください。(詩篇57:1)

3日 カンボジアの若い女性たちが、自分の意志に反して結婚させられるために中国やマレーシアなどに連れて行かれます。邪悪な人々から彼女たちを守ってください。(Ⅱテサロニケ3:3)

4日 クロアチアで家庭内暴力を受けている多くの女性 たちは、コロナ禍のロックダウン中に脅かされ、危険にさらされています。主が彼女たちを守り、安全な所に導き、回復させてください。(イザヤ41:10~12)

5日 タンザニアの家庭が、神様のみことばを分かち合い、共に祈ることによって、霊的に強められますように。親子間で相互への尊敬、愛、感謝が満ち溢れますように。(ローマ10:17)

6日 ベトナムの多世代で同居する家庭が、お互いを理解し、調和しながら生活していけるように助けてください。(詩篇112:2)

7日 北コーカサスに住む多くの女性たちの胎を開いてください。不妊症がこの地域にいる多くの夫婦にとって問題の原因となっています。(Ⅰペテロ3:7)

8日 コロナ禍によってインドネシアのイスラム教徒たちの間で離婚が増加し、子育てするひとり親は仕事を探すのに苦労しています。これらの家族が養われ、また経済的な理由で若い女性たちが結婚を強要されることがありませんように。(マタイ18:10)

9日 コロナ禍によって危機に陥ったポルトガルの家庭が、希望の女性たちのプログラムによって希望と力を得ているゆえに、主の御名をたたえます。彼らに和解と平和がもたらされますように。(マルコ10:6~9)

10日 希望の女性たちのチームが、エチオピアの人々に、人は神のかたちとして創造されたと伝えていることを主に感謝します。罪によって損なわれた人間の性質は、キリストの救いによってのみ回復されます。(創世記1:27)

11日 南アフリカ共和国で、配偶者の不誠実のゆえに別居中の夫婦たちが大勢います。彼らが罪を悔い改め和解できるように導いてください。(エペソ5:33)

12日 若くして結婚し母親になり、助言してくれる親が近くにいない韓国の女性たちのために祈ります。希望の女性たちの放送が、彼女たちにとって敬虔な知恵と知識の源になりますように。(詩篇32:8)

13日 ボネールのシングルマザーたちが、自分の身体、心、霊的なケアを優先でき、それによって自分の子供たちに必要とする精神的なサポートを提供できますように。(イザヤ40:31) 

14日 パラグアイの家族で、イエス様を信じた全ての信徒たちのために祈ります。聖書のみことばを通して彼らの信仰を強めてください。彼らが主の愛と赦しとを深く理解できますように。(詩篇119:105)

15日 リベリアの夫婦たちが、その結婚生活に神様が新たないのちを吹き込んでくださることを求めていけますように。お互いを大切にし、神様にあって一致する方法を彼らに示してください。(Ⅰペテロ4:8)

 16日 フィンランドの夫婦たちが結婚を大切にし、結婚がキリストと教会の関係に一致していること、愛、赦し、あわれみに基づいていることを理解できますように。(エペソ5:21~23)

17日 日本でひとり親の家庭が増えています。貧困の中で生活し、子供たちを十分サポートできない状況にいる母親たちをあわれんでくださり、彼女たちに適切な支援が与えられますように。(Ⅱコリント9:8)

18日 スペインの家庭が、神様を通して、壊れた人間関係から癒やされますように。主が彼らに和解、一致、和平をもたらし、お互いに赦し合うことを教えてくださいますように。(Ⅰヨハネ4:16)

19日 家族、結婚、ひとり親の問題に取り組むポーランドの「あなたは大切な人」というプログラムが、成功しますように。(箴言16:3)

20日 インドの夫婦たちが、神様と配偶者に対して誠実になれますように。神様の恵みによって、彼らが謙遜で優しく互いに忍耐強くなり、神様の愛にあって一致できますように。(詩篇133:1)

21日 義理の家族との関係で苦労しているフィリピンの女性たちを助けてください。家庭に平和、調和、理解力が与えられますように。(Ⅰペテロ5:6)

22日 コロナ禍で多くの人々が失業し、不安、憂鬱、貧しさを抱え、ホームレスになっている人たち、家族を養うのに苦労しているシングルマザーたちのために祈ります。(マタイ6:26)

23日 中央ヨーロッパの母親たちが生活の中で正しい優先順位を持ち、賢い選択をし、仕事と育児のバランスにおいて、神様からの知恵を求めていけますように。(イザヤ30:21)

24日 異なる文化圏の人たちで構成されているデンマーク人の結婚のために祈ります。彼らは家族からの受け入れの困難や、夫婦の役割について文化的な意見の対立などの課題に直面しています。(ピリピ2:2)

25日 聖書を教えるためにグリーンランドの村々に航海する人たちを守ってください。福音によって希望、喜び、キリストにある新しいいのちがその地域の家庭にもたらされますように。(Ⅱコリント5:17)

26日 中国の信徒である女性たちとその家庭の霊的な生活を強めてください。彼らが神様のみことばと聖霊様の導きを求め、神様を人生の中心として歩んでいけますように。(Ⅱペテロ1:3)

27日 コロナ感染防止のため、家で過ごす時間が増えたために対立するようになったカナダ人の家庭に、主の平和をもたらしてください。(エペソ4:31~32)

28日 障害者の子供を持つ家庭で、時に介護者たちが処理できないニーズがあります。彼らに必要な支援を送り、神様が常に共におられることを知るようにしてください。(出エジプト33:14)

29日 クリスチャンの家庭が主の愛に満ちた所となりますように。ストレスや失業に直面している中で自分の重荷を神様にゆだね、家族間で対立することなく、神様だけに頼っていけますように。(マタイ5:9)

30日 愛する人を亡くして悲しんでいる人々が、喪失感で心が沈む時に、神様の永遠の愛と誠実とで慰められ、主を求める心と力が与えられますように。(Ⅱコリント1:3~4)

31日 主よ、あなたは孤児の父であられます。あなたの愛と臨在がひとり親の家庭の子供たちの心を満たし、彼らに必要なものを全てお与えくださいますように。(詩篇68:5)

日本のための祈り

1. 新型コロナウイルスの感染が早く終息しますように。ワクチン接種をする人たちが副作用などから守られますように。特に身近なところで、また教会、学校、病院などからクラスターが起きたりしませんように。

2. 日本の人たちの霊的な目が開かれ、神様に立ち返り日本にリバイバルが起こされますように。特に若者たちが真の神様を知り、自分の存在意義を見つけ、人生の答えを見つけることができますように。

3.  キリストを頭とした日本の教会がひとつとなって、それぞれの器官としての役割を果たすことができ、互いに愛し合い、助け合い、立てあげられていきますように。教会が地域にとっての地の塩、世の光として輝いていけますように。コロナ禍でも伝道するための知恵が与えられ、宣教が拡大し、地域教会が増えていきますように。

北朝鮮のための祈り

1.  北朝鮮の全ての人たちに福音を伝えることができますように。TWR Korea 北方宣教放送が福音を伝える神様の声となりますように。

2.  北朝鮮の地下教会の信徒たちがTWR Korea 北方宣教放送を聞いて、神様の働き手となることができますように。

3. 北朝鮮の家庭教会で定期的に礼拝を捧げることができますように、礼拝に参加した人たちをみことばで新しくしてくださいますように。

20217-Japanese

2021年6月

ミッションステイトメント

メディア、小グループでの交わり、リーダーシップの訓練、育成などを通して、女性が祈り、神に聞き、学び、成長し、分かち合うことを奨励し、神の人として備えられるようになることを目指しています。

女性たちが聖書を正しく学び経験に基づく訓練を受けるとき、家族、地元の教会、地域社会、そして他の女性たちを力づけることができます。どのような状況でもTWR 希望の女性たちは、イエス様だけが完全な平安と希望と癒しを与えることのできるお方であるという真理を伝えます。

世界の多くの地域で、女性たちは社会から取り残され、極度の貧困、教育の欠如、抑圧、医療危機に直面させられています。社会改革は女性の能力を開花させ、家族間の負のサイクルの終わりをもたらしますが、持続する変化と永続的な希望をもたらす力を持つのは、イエス・キリストによって見い出される霊的な解決だけです。

「あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える」
(エゼキエル書36:26)

 神様は女性を希望のない無力な者とは見なされません。むしろ、神様はその恵みと愛の独特な表現として、それぞれの女性に美しい使命を与えられました。世界中の女性たちにとってその直面する問題がどんなに困難に見えても、神様はだれひとりお忘れにならず、女性たちに非常に良いご計画を持っておられるのです。

 これがTWR 希望の女性たちが、女性に対する神様のご計画を全うするために、女性たちを育成し訓練しようと努力している理由です。私たちは、最高の模範であるイエス様に従います。イエス様は当時の基準に反して、女性たちに尊厳と思いやりをもって接し、神様の働きに召してくださいました。主は弟子たちに、地の果てまで福音を伝え、あらゆる国の人々を弟子とするよう命じました。私たちは、女性たちもイエス様のご計画の重要な器であると信じています。

今月のエッセイ(2021年7月分から毎月掲載)

7月エッセイ

2021年8月 エッセイ 和解と癒やしのために

「こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとへ向かった。ところが、ま
だ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけて、かわいそうに思い、
駆け寄って彼の首を抱き、口づけした。」 (ルカの福音書 15:20)

放蕩息子のたとえ話は、聖書の中でお気に入りの話の一つです。私も実
に「放蕩息子」でした。私も愚かな罪を犯して逃げ出した後、我に返り、悔
い改めて、天の御父のあたたかい腕の中に立ち返った者の一人です。神
と和解したことは、私の人生で、最も意義深く美しい経験です。そして私が
今、他の人々がこの最も大事なこと、すなわち神との関係を回復すること
を助けたいのは、私自身が神との和解の経験があるからです。
神はまた、私たちが互いに一致し和解するために、キリストのからだであ
る私たち一人ひとりを創造されました。聖書のヨハネの手紙第一4:20に
「目に見える兄弟を愛していない者に、目に見えない神を愛することは
できません。」と書かれています。自分の内側を見てみると、利己心、プラ
イド、人をさばく態度ばかりが目につきます。しかし、神は私たちにこう命じ
られました。「謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互い
に耐え忍び、 平和の絆で結ばれて、御霊の一致を熱心に保ちなさ
い。あなたがたが召された、その召しの望みが一つであったのと同じよ
うに、からだは一つ、御霊は一つです。 」(エペソ4:2~4)
イエス様は、ご自分が伝えたメッセージの通りに生き抜くように、真摯な人
生を歩むようにと呼びかけておられます。しかし私は自分の力でそのように
歩んで行くことはできません。私がイエス様に自分の人生を任せ、私が毎日
イエス様の御力に頼って生きる時にだけ、それが可能であり、またそうしてこ
そ、私は他の信徒たちと一致し調和して生きることができるのです。
私は、キリストのからだにおける和解と一致の重要性を示してくれた敬虔
な人々によって、人生がとても豊かになりました。あなたは今まで、この和
解と一致に歩むように導かれたのはいつでしょうか。あなたはその時、ど
のように反応したでしょうか。

夫と私は、結婚生活当初、人種間の和解に情熱を注いでいた教会に属
していました。政府が不当に扱ったネイティブ・アメリカンの部族長たちが
彼らを赦し、また牧師たちが謙虚に涙をもってひざまずき彼らに赦しを求

めた光景を決して忘れません。それは教会全体の罪の告白の時間でし
た。部族長たちはついに赦しを表明してくれました。その日、天で何かが
起こったのです。
数ヶ月後、私たちの地域に住むネイティブ・アメリカンたちの間で、聖霊
様の働きがあることを知りました。何年もの間、これらの部族間で誰もクリ
スチャンになることはなかったのに、彼らは救いの招きに応じていたので
す。
人種間の和解の場に居合わせたことは、私の人生において大きな経験で
した。別の視点で、他の誰かの目を通して、世界を見ることは、私の人生を
変えました。他の人々との和解と一致は、とても骨が折れる働きであり、敬
虔な公正さを求めるには、当事者たちの相互間の傷やギャップに対処する
必要があると気づきました。困難なことを共に話し合い、共に乗り越える、献
身的な決意と意欲が必要です。私たち一人一人が父なる神様に服従すると
きにだけそれは可能です。
あなたの人生では、どのような面で和解が必要でしょうか。一致と和解をも
たらすために、あなたは何ができるでしょうか。不一致が性別間、人種間、
国家間であるかどうかにかかわらず、神様だけが、和解と癒やしをもたらす
ことのできる唯一のお方です。私たちの間の壁を埋め、私たちを一つにする
のは、主イエスの犠牲と愛だけなのです。

TWR 希望の女性たち Lisa Hall, International prayer
coordinator for TWR Women of Hope

希望の女性たちがどのように始まったか?そして、現在

1997年にアジアでTWRの働きをしていた※マーリ・スピーカー(Marli Spieker)女史は、神様の導きによって「希望の女性たち(Women Of Hope)」の働きを始めるようになりました。この働きは最初、プロジェクト・

はじめはプロジェクト・ハンナ(Project Hannah)という名前で設立され、「祈りの力」とラジオ番組「希望の女性たち(Women Of Hope) 」を通して、女性同士を結びつける強力なつながりを築きました。そのプログラムは、実践的な知恵と霊的な主の弟子として生きるようにと、世界中の多くのリスナーをキリストの救いに導き、信仰を成長させ、勇気を与えてきました。

2016年にマーリ・スピーカー女史はペギー・バンクス博士に次期リーダーの働きを託し、今もなおそのミニストリーは全世界で精力的に続けられています。

 現在、TWR 希望の女性たち (Women of Hope) は、世界125カ国に祈りのとりなし手がいて、希望の女性たち (Women of Hope)の番組は70以上の言語で利用されています。

 忠実な祈りと数え切れない女性たちの支援と貢献に基づいて構築されたTWR希望の女性たち (Women of Hope) の働きは、成長を絶えず続け、自分の人生にイエス様による変革を成し遂げるようにし、その恵みを周囲の人たちに共有している次世代の女性たちに到達しています。

※マーリ・スピーカー(Marli Spieker)についての詳細は随時アップします。

◆「希望の女性」(Women Of Hope) ミニストリーの主な2つの働き

1. 祈り

 祈りはTWR 希望の女性たちの中核となる働きです。このミニストリーのすべての主導権を握るのは祈りであり、また神とコミュニケーションするときに私たちを一つにするものです。

祈りは物事や状況を変える!
毎月、63,000 人以上の仲裁者が 100 以上の言語で同じ願いを込めて祈っています。 毎日、その月のテーマに関連したユニークなリクエストがあります。 グループや日曜学校のクラスで一緒に祈ることを選んだ女性もいれば、献身的に個人で祈る女性もいます。

どのように祈ることを選んでも、神の御座の前で多くの声に参加していることを知ることができます。

毎月、その月のテーマに沿って、世界中の希望の女性たちのスタッフたちから送られてくる祈祷課題があります。それらの祈りの課題に加えて、日本と未伝地である北朝鮮のための祈りの課題をまとめたものが「希望の女性た(Women Of Hope) 祈りのカレンダー」です。

 この「希望の女性たち (Women Of Hope) 祈りのカレンダー」は、毎月1回発行しており、現在、100ヵ国の言語に翻訳され、世界中で約65,000人が共に同じ祈りの課題で心を合わせて、神様に祈りを捧げています。私たちも日本のためだけではなく、世界の女性たちのためにもぜひ共にお祈りしましょう。

★ 希望の女性たち お祈り会のお知らせ
毎月1回、ズームで「希望の女性たち 祈りのカレンダー」をもってみんなで共に祈る“希望の女性たち お祈り会”を開催いたします。→ 

近い将来、毎月第一木曜日の夜7時から行う予定です。只今準備中ですので、詳細が決まり次第、お知らせいたします。

★グローバルなお祈り会に参加されたい方はこちら

◇只今、「希望の女性たち 祈りのカレンダー」で共にお祈りに加わってくださる方を募集中!

●「希望の女性たちの祈りのカレンダー」で共にお祈りに加わってくださる方を募集しています。
 
 皆さんの身近なところで、「希望の女性たち 祈りのカレンダ
ー」を送って欲しいという方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせください。

以下のメールアドレスにご住所とお名前とご希望の枚数をお知らせくださいましたら、「希望の女性たち 祈りのカレンダー」(A4三つ折り)を毎月郵送いたします。(無料)

●すでに祈りのカレンダーを受け取っていらっしゃる方の中で、教会の女性たちにも配りたいという方がいらっしゃいましたら、その場合も以下までお知らせください。

祈りのカレンダーのお申し込み先 → メール

◇「希望の女性たち祈りのカレンダー」で共にお祈りされている方からの感想

「希望の女性たち 祈りのカレンダー」で共にお祈りされている方からの感想
 いつも祈りのカレンダーを送っていただいて感謝します。送っていただいているばかりで、心苦しく思っていました。毎回送っていただいているものについては、とりなしの祈りに重荷がある女性達にお渡しして、お祈りいただいています。

先日も皆さんにお渡ししたところ、普段日本では知ることができない情報で、世界には多くの苦しんでいる女性達がいる事を知り、心が痛いと話していました。現在格差社会が急激に加速している日本においても同じようなテーマはあると思うのですが、日本は恥の文化なので、貧困、差別、女性の問題(DV、レイプ、売春、性暴力など)に対して自ら隠してしまい、実際にあるけれども伏せて何事も無かったかのようにしている方々が多いと思います。そんな日本の現状を更に深く洞察し祈っていく必要があるように思います。

この働きをクリスチャン人口の少ない日本においてやっていくには、大変なご苦労と困難があるかと思いますが、日本の深いところのうめきを聞き逃さず、お働きを続けて行って頂きたいと願っております。神様の祝福と恵みがお働きをされている方々の上にありますように、お祈り致します。(匿名)

 正直に言いますと、ここ数ヶ月途切れ途切れできちんと祈っていませんでした。これからまた改めて祈ろうと思います。私は時間に余裕がある時は、カレンダーを見ながら導かれるままに自由に祈っています。時間に余裕のない時は、シンプルにカレンダーの文章を読んで祈っています。私もこれまで女性としての傷を受けたことがありますが、世界にはもっと残酷でもっと悲しい傷が多くあることを知りました。私は癒し主なる主を知っているので、傷は癒されていきますが、世界には神様を知らず、癒しの経験がない人が多くいるのだと思うと、ますます私たちクリスチャンが祈らなければと思いました。(Iさん)

 月に1度、TWR Korea 北方宣教放送の事務所で色々な国の女性たちが集まって、祈りのカレンダーに沿って一緒にお祈りしています。祈りのカレンダーを通して、今まで自分では知りえなかった世界の国の女性たちのさまざまな問題や現状を知るようになりました。世界の女性たちが抱えているうめき苦しみを知り、私も同じ女性としてその叫びに共感しながら、生活の中でもっとそう
いう事実を意識して祈るようになりました。不思議なことに、彼女たちのために祈るとき、時に私の中にある痛みも癒される経験をします。イエス様の愛が回復させてくださいます。日本には福音が必要です。日本の女性たちが信仰によって立ち上がり、神様の使命に生きていけるように、福音ラジオ放送が用いられることを祈っています。(Hさん)

 祈りのカレンダーをいただき、いつも目に見えるところに貼ってお祈りしています。世界また日本でも、まだまだ女性たちの地位が低いのだなと感じ、心を痛めております。そして、それに気づかないほどに男尊女卑が根付いており、もがき苦しむ女性が増えているのだなと思いました。同じ女性として、この祈りのカレンダーがなければ、世界の女性たちの現状を知ることができませんでした。とても感謝しております。(Tさん)

 世界中の女性、幼い少女達までもが、過酷な道に追いやられてる事実を知り、本当にもっと多くの人が祈りの手をあげるべきだと思いました。(Mさん)

2. メディア伝道

メディア伝道は、「希望の女性たち」(Women Of Hope)の中核となる働きです。私たちは、可能な限りあらゆるメディアを通して、イエス様の宣教命令である神のことばである福音を伝え、イエス様の弟子を育成しようとしています。
 

 私たちの名前の由来となったラジオ番組、「希望の女性たち(Women of Hope)」の放送は、世界中の女性に福音を届け、現在73ヵ国の言語で製作され、実践的な生活のスキルと霊的な真理を伝えています。

番組では女性が経験する様々な人生の問題を取り上げ、イエス様を知らない人たちに福音を伝えます。そして困難な状況の中でも希望を見い出し、豊かな人生を送れるようにするプログラムを製作、放送します。その内容は希望の女性たちオリジナルのプログラムであり、毎回バラエティに富み、インタビュー、証言、オーディオドラマ、聖書研究、クリスチャン音楽を組み合わせたも
ので構成されていて、これらには必ず「人生」(実践的な事柄)と「魂」(霊的な事柄)の二つの要素において恵まれ、助けとなるものが組み込まれています。
 
 只今、日本では2022年に放送できるようにと、準備中です。放送内容、日程など詳しいことが決まり次第、随時こちらにアップしてお知らせいたします。

公式インスタグラム

公式Facebookアカウント

●希望の女性たち 英語サイト
 https://www.twrwomenofhope.org/
● TWR Korea 北方宣教放送 希望の女性たち 韓国語サイト
 http://www.twrk.or.kr/phope/

祈りと支援について
★「希望の女性たち」は宣教の働きであり、祈って支援してくださる皆様からの尊い献金によって運営されています。この働きのためにご支援・ご協力くださいますようお願い申し上げます。

献金のお振り込み先
一般社団法人 TWR WOH
楽天銀行 第二営業支店 支店番号 252
普通預金 7972062